パッチテスト

最近金属アレルギーの方が増えています。

ネックレスやピアスなどのアクセサリー、ベルトのバックルやGパンの金属ボタンなどの部分が赤くなり、水疱ができたりただれてかゆみを伴ったりします。

また、化粧品に含まれる金属で顔がただれたり、歯科治療に使われる金属、食品中の微量な金属でも全身や手のひら、足の裏などにさまざまな症状が出ます。ひどくなると、コインや鍵などでも症状が出るので日常生活に支障が出てしまいます。
手のひら、足の裏に膿を持ったようなぶつぶつができる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)も金属との関係が深い疾患の一つで、かなり難治性の病気です。

当院では金属を溶かしてイオン化した溶液を背中や腕などに48時間貼ってどの金属に反応するかをみる金属パッチテストを行い、原因となる金属を調べ、化粧品、食事や調理器具のアドバイスを行ったり、歯科との連携で原因と疑われる金属の除去を指導しております。
金属アレルギーの症状は様々です。まず診察を受けていただき、必要があればパッチテストをお受けいただくことをお勧めしております。

毛染めやゴムのアレルギー>接触皮フ炎

毛染めや日常的に使用するゴム手袋などでのアレルギーも良くみられる症状です。
当院では、サトウ製薬のパッチパネルを用いて日常生活にかくれた気づきにくい、かぶれの原因をさぐる検査を行っています。
かぶれを起こす原因が見つかれば治療につながり、長年治らなかった全身の「かゆみ」が治った例もあります。
ぜひご相談ください。

乳児

一口に子供といっても、新生児、乳幼児、幼稚園児、小学生、中高生と成長していくにつれ、皮膚のようすはどんどん変わってゆきます。
また、一人のお子さんでも体調や、季節によっても皮膚の状態は違います。

石鹸・シャンプーの選び方や使い方、入浴の仕方、食事や衣類など、普段何気なく行っていることでかえって皮膚の状態を悪くすることもあります。
保湿剤や治療のための薬の塗り方なども含め、当院ではお一人お一人に細かくご指導を行っています。
冬場は特に乾燥によりアトピー素因のあるお子さんはもちろん、特に普段皮膚に症状のなかったお子さんにもかゆみが出やすい季節です。
入浴時のお湯はなるべく低く、大人に比べ子供は体温がすぐ上がってしまうので大人と同じように入浴していてはすぐのぼせてしまいます。
体の汚れを泡立てた石鹸で軽く包みながらやさしく洗ったら、しっかりすすぎあとはお風呂で遊ばないでさっさとあがってしまいましょう。
お風呂のあとはしっかり保湿剤でスキンケアをしておきましょう。
これは季節に関係なくとても大切なことです。

皮膚のトラブルご相談ください

核家族のなか、昔のようにお母さんおばあちゃんからお子さんの世話の仕方を習えなくなり不安なお母さんも多いことと思います。
当院では経験豊富な看護師が丁寧にスキンケアをご指導しています。

  • お気軽にお問い合わせください 048-464-5333
  • contact_tel_sp.png
  • 24H受付しております 診療予約はこちら24H受付しております 診療予約はこちら