花粉症治療はお早めに~来年の花粉症は今年を上回る予測が発表されました

来年は今年より花粉の量が多く、所によっては今年の2倍、ここ10年の平均を上回る予想が出ました。

花粉症の治療は、花粉が本格的に飛散する前から内服を始めると効果的です。クリスマスを過ぎたころから少量でも飲み始めておくと本格的に花粉が飛散する時期に備えることができます。

特に今はコロナウイルス対策として窓を開けて換気をしているため室内でも症状のが強い方が多くみられる傾向にあります。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみに加え、花粉が顔や皮膚に付着するための花粉皮膚炎やマスク刺激によるマスク皮膚炎などもあります。

ご両親のどちらか一方、または両方に花粉症があるとお子様にも花粉症が出やすく、当院でも2歳くらいから症状の出ている患者様がたくさんおこしになります。

お子様にも処方できる飲み薬、点眼、点鼻薬などもありますのでご相談ください。

当院ではアレルギーの内服薬のほか、点鼻薬、点眼薬も処方しています

各種アレルギー検査も行っています。

今までよそで処方されたことのあるお薬でもこちらで処方することもできます。

内服中のお薬がある方は お薬手帳などをお持ちください。

 アレルギー検査は6歳以上で承ります。採血の苦手なお子様にはペンレステープという麻酔のテープをあらかじめ貼ってきていただき痛みを和らげる方法で採血を行います。

 採血ではなく指先から少量血液を採って20分で結果がわかる簡単なイムノラピッドという検査や、一度に39種類の、アレルギーを起こしやすい物質に対するアレルギーの有無がわかる採血検査もありますので、ご自分の症状の原因とを知り、対策を立てる上でも是非検査をお勧めいたします。 

 

 

 

 

 

皮膚のトラブルご相談ください

核家族のなか、昔のようにお母さんおばあちゃんからお子さんの世話の仕方を習えなくなり不安なお母さんも多いことと思います。
当院では経験豊富な看護師が丁寧にスキンケアをご指導しています。

  • お気軽にお問い合わせください 048-464-5333
  • contact_tel_sp.png
  • 24H受付しております 診療予約はこちら24H受付しております 診療予約はこちら